ハウジングNAVI│注文住宅や新築一戸建ては一覧で特徴を知る

住宅

見学会へ行こう

内観

見学会で情報収集

横断幕や旗に大々的に記載されている「新築完成披露会」。注文住宅や不動産の購入を検討中なら、実際に触れてみたいという気持ちが芽生えるものです。
完成された住宅は、中へお邪魔をし、内装の出来栄えを間近で見ることが出来る絶好のチャンスです。また、落ち着かない完成イメージも住宅見学会に参加したことで徐々に固まってくるため、家作りの参考にしたい方は必見ですよ。
ちなみに、ただ家を見るだけでは情報収集目的だと薄っぺらくなります。いかにマイホーム選びに役立てられるかが鍵なので、この見学が後に活かすためにも行く前に抑えておきたいポイントを知る必要があります。

パンフレットで確認

建売で購入する場合は、 不動産屋から無料のパンフレットが貰えます。ページをめくる度に建売の魅力が記載されていますが、どうも想像がしにくい。この場合、建売の住宅展示場へ足を運ぶ方法があります。メリットは、生の建物が拝見出来ることです。
また実際に住んでいる方のお部屋を内観できることもあり、生活スペースへお邪魔をすればより想像がしやすくなります。さらに使い勝手や建ててどのくらいの年数が経過しているのか、その中で変化した部分はどこなのかがリアルに分かるため、鮮度の高い情報を手に入れることが出来ます。

複数を見てまわる

1つの家だけが全てではありません。だからといって移動しながら建売を見て回るのは非常に疲れます。そのため、時間を効率よく使い回れる住宅展示会が人気を呼んでいます。参加している会社の数が多く、1つのイベントで同時に建売の評価が出来ます。メーカーが定まっていない方は積極的に参加をすると良いでしょう。